お礼やお返しってどのくらい包めばいいの?

相手によって相場の違いが

結婚式では多くの人にお世話になりますよね。たくさんのゲストの支えがあって、結婚式というのは初めて円滑に進みますから、そのお礼をするというのが、大人としての最低限の礼儀ですね。しかしそうしたお礼というのは、具体的にどのくらい包むべきなのかわからないものですよね。包むべき金額の相場は、相手によっても変わってくるものです。とはいえ中途半端な金額では相手も困ってしまいますから、しっかりとキリの良い数字で揃えるべきでしょう。

主賓や乾杯をお願いした場合

主賓や乾杯の音頭を依頼した人にはどのくらい包むべきでしょうか。主賓の方や乾杯の音頭を頼んだ人というのは、それなりの立場のある人でしょうから、包む額も大目に入れておくと良いでしょう。だいたい1万円くらいが相場ですが、渡すときにはもちろんさりげなくというのが基本です。名義としてはお車代ということで、一種の交通費として包んであげるというのがマナーです。場合によっては、自宅から会場までハイヤーを用意してあげたりするとさらに良いでしょう。

受付や余興をしてくれた人

受付というのは、入り口でご祝儀を受け取ったり、芳名帳への記帳をしてくれたりなど、ありがたいことをやってくれたお礼としてお金を包むのが礼儀ですね。相場としては、だいたい3千円から5千円くらいというのが一般的ですよ。余興をしてくれた場合は、それほどたくさん包む必要はありませんが、強くお願いをして余興を頼んだ場合や、ほとんどプロ並みの余興をやってくれたような場合には、1万円ほど包むのが一般的でしょう。スピーチのみなどの場合は、ハネムーンなどのお土産程度で大丈夫ですよ。

お台場の結婚式場は、人生の幸せの門出に相応しい式場です。それは、全国ネットの民間放送局があり、運が良ければ有名芸能人と出会えて、テレビカメラが新郎新婦の晴れ姿を捉えテレビに出ることがあるからです。